日本語の勉強
magic2008.exblog.jp

日本語の勉強
自己紹介
始めまして、お願いします。私は北京から来ました、名古屋で日本語を勉強しから、今東京に住んでいます。お友達になってほしいですよ。
o(∩_∩)o...
Skype: YGG2008
MSN: magic2008@gmail.com
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
【解说东西】
【解说东西】


【东】,【西】作为方位名词,在汉语和日语里面意思相同。在汉语里,【东西】2字比表示同样意义的词【物】更多地使用。在日语里,【物(もの)】不但表示有形的事物,也可以表示无形的,而在汉语里,【东西】则一定表示有形的事物。

那么,作为方位名词的【东西】为什么又用来表示事物了呢,恐怕就连中国人也知道的不多。要知道,就连朱子学说的鼻祖朱熹老先生一开始也不知道。

有一天,朱熹在路上遇到了好友盛温如。看到盛温如拿着个竹篮子,就问他去干什么,盛温如随口答道【买东西】。朱熹知道盛温如在开玩笑,就问为什么是买【东西】而不是买【南北】呢?盛温如答道,这可是【五行】之意啊。五行中的金木水火土和方位名词东西南北中恰好一一对应。东对木,西对金。木和金都能放入竹篮子,南对火,北对水,不能放到篮子里啊,哈哈。



東 西

 東、西といえば方角をあらわす言葉で、中国語でも日本語でも同じ意味だが、中国語ではこの2字を一つの名詞にして「物」の意味に使うことが多い。日本語の「もの」は非常に意味が広く、形のないものでも「もの」と言うが、中国語の「東西」は必ず一定の形を持つ。

 だが、方位詞の「東西」が物という意味を持つようになった理由を知る人は、中国人でもそう多くはない。朱子学の祖となった大学者の朱熹さえよく知らなかったのだ。

 ある日、朱熹が道で友人の盛温如に出会った。盛温如が竹かごをもっているので、どこへ行かれるのか、とたずねると「買東西」という答えが返ってきた。買う物がどうして「東西」であって「南北」ではないのかと重ねて聞かれて盛温如は「五行」ですよ、と答えた。五行の木金火水土は方位詞の東西南北中と対応する。つまり東は木で西は金だ。木と金は竹かごに入るが、南は火、北は水だから竹かごに入れることはできない、という意味だったのだ。

 中国語の「東西」は人を指す場合もある。たとえば「小東西」といえばガキとかチビッ子、「壊東西」といえば悪いヤツとなり、好ききらいの感情が入ってくる。日本語の「もの」も、中国語の「東西」も、ともにむずかしいモノではある。
[PR]
by magic2008 | 2007-10-09 19:14 | 日本語の日記